【外見】
身長:170cm代 体重:軽いめ
眼:銀眼。普段は赤いカラーコンタクトをいれている。
もともと赤眼であったが、体が再構成されたときに色を間違えられた のだ。
やや釣り目。
髪:銀色。大抵肩くらいの長さのストレート。
肌の色:白いめ

服装:シンプルで、濃い灰色のものをよく身に着けている。
デフォは腰下のエプロンだが、各種各形状のエプロンを持っていて、 好んで見につけている。
他はファンタジーなものや妖しい衣装を良く来ている。

他:左耳に黒い筒状カフスをつけている。
クロが形を変えたもの。

【性格】
可愛いウリをしたり、そうかと思えばニヤリと笑った顔の奥が以上に 深く見える。
軽くて薄っぺらいようでちょっと得体が知れない。
イタズラ好きで子供っぽいことを好む。
が、闇の王として大きな力を持っているので、自分の中に沢山のルー ルをつくっている節制の人でもある。
家事とかメンドウなことがメンドウだけど好き。
あまり己に執着がないようだ。

【過去】
魔族の父と人間の母の間に次男として生まれる。
父は魔族のとある領地の主。
母は大魔法使い。
一通りの剣術と、多くの精霊魔法・古代魔法を習い、父の率いる兵士 の一人として幾度も出兵する。
大きな力を持つ父のブレーキとして期待をされていたが、
酷い負け戦で暴走した父を止める間もなく戦場もろとも吹っ飛ぶ。
一度目の死。
そこでパズルの王、クロウ・クルーウァッハ(クロ)に出会い彼と共 に旅をすることを約束し、体を再構成される。

あちこちを旅し、クロウ・クルーウァッハがどのような存在であるか を知っていく。
また自分に老いの来ないこと、死を迎えられないことなどを知り、永 遠に生きるのに必要なモノを求めてエルフの長老や霊体として図書館に永遠にある男などをたずねた。
そして代替わりの儀式を行って、正式に闇の王クロウ・クルーウァッ ハとなる。
二度目の死。
共に行くと言う約束から、先代であるクロをそのままの姿で残し、力 の中心もクロに残し、代替わり前と変わりないようにした。
そのため当時代替わりをしたと知るものは少なかった。

その後も神や悪魔の知り合いを増やしたり、人の街をフラフラと渡り 歩き長い時間を生きる。
双頭の夢魔から子育てを頼まれたりもする。
最近は夫ができたりして、なんだか幸せに暮らしている。

【その他】
体は闇でできているけれど、一応普通の魔人としての運動能力しかな い。というか打たれ弱い。
魔法の根源も闇。自由に使いこなせるが、古代魔法や精霊魔法風にア レンジした自己流の魔法を扱う。
精霊や他の神はクロウ・クルーウァッハに畏怖や羨望を抱くので直接 使うとだいたいひどいことになる。
ツグミ鳥に姿を変えたりできる。
そもそも姿も自由にでき、エルフの村に行ったときは女性の姿で長老 の世話をしていた。



【クロウ・クルーウァッハという存在】
闇の王。神とも悪魔とも精霊とも正確にはいえない。
しかし非常に古くから有、一応神に分類されている。
一番の自由を与えられた者と言われ、
そのために羨望から恨まれたり忌み神とされたり、崇拝されたりと、
相手の反応もひとつではない。
また、一つの城を持っていて、そこには闇の王に永遠に仕える兵士や 雑事を行うものたちが住んでいる。

闇の王や闇の神は一人ではないが、クロウ・クルーウァッハは常に一 人である。
死はないが代替わりがある。
死ねないクロウ・クルーウァッハが全てを捨てたとき、パズルの王と 呼ばれている力だけの存在となり、
意思のないまま次代を探し彷徨う。
次代は大抵死を迎えたばかりの者で、いくつかの応答ののち、クロ ウ・クルーウァッハの力を借りれる者として復活する。
このとき、まだクロウ・クルーウァッハの座は継がれてなく、完全な 代替わりには正式な儀式が必要である。

複雑な代替わりの方法や死がないことからスパンは長い。
が、闇の王としてのクロウ・クルーウァッハの在位期間は大抵短い。
現代のクロウ・クルーウァッハは在位期間でナンバー3に入る。

 
闇の王、パズルの王、自由を与えられた者などの名前は様々なものが かってつけた呼び名であって、広くの地域に通る名前ではない。
クロウ・クルーウァッハ自体も認知度にはムラがある。

【クロ】
黒トカゲの姿を主にとっている、先代クロウ・クルーウァッハ。
思考がほぼ無いが、怒られたらションボリしたりそこそこ学習したり しているようだ。
黒トカゲの姿をとるのも、番弥が「そのカッコウはいいね」と呟いた からである。

元々は人間で、キングという名の地方貴族であった。
気が弱い男で永遠に耐え切れずアッサリと自我を放棄。
最短在位記録をだす。
先々代は最長在位記録を持っており、パズルの王にならずに代替わり を行ったちょっと特殊なクロウ・クルーウァッハ。

【クロウ・クルーウァッハの城】
一国一城、クロウ・クルーウァッハを王とする国がある。
番弥はすでに政権放棄。でもたまに王として仕事をさせられているよ うである。 
 




(以上、RP時は無敵RPにならないように最大の注意をする。)